ロック・ツー・ロック
カテゴリ/補助錠
ロック・ツー・ロック
シリンダーの出っぱり部分をすっぽりカバー。ピッキング、破壊から鍵穴を守ります。
定価: -----
実勢価格:9,700円
<特長>
頑丈なカバーで鍵穴をガード!カギ穴自体を完全に隠してしまうため、ピッキングは絶対に不可能です。
追加型の簡易補助錠と違い、外出時だけでなく在宅時も玄関をしっかり守ってくれるので、夜にお休みのときも安心です。
高い信頼性を誇るドイツ製カードキーを使用。安全と抜群の使い心地をお届けします。
カードキーは磁気認識なので不正コピーができません。ピッキングは不可能です。
新たにネジ穴を開ける必要はありません。ドライバーだけでカンタンに取付けができます。

製品仕様
サイズ(幅×高さ×奥行)cm 5.9×6.2×3.9
重量 300g
材質 本体:アルミダイカスト
キー:ハードフェライト
付属品 カードキー×4


 
隊長: 今回はこの「ロック・ツー・ロック」の検証をする!(画像1)


 

隊員: アイアイサー!(敬礼)
しかし隊長、これはいったい何に使うものでありますか
隊長: これは玄関扉の外側にあるカギ穴をスッポリと隠して、ピッキングを不可能にしてしまう便利な補助錠である。
隊員: それは便利であります。
・・・む、しかしピッキングができないということは、住人はいかにしてカギを開ければよいのでありますか。
隊長: このカードキーを本体の横の差込口に差しこんで開けるようになっている(画像2)。



隊員: なんと!こ、これがカギでありますか?!うーむ、恐るべき技術!
隊長: この構造ではまずピッキングは不可能だな。しかもアルミダイキャスト製で破壊にも強い。もともとピッキングに強いカギもこれを取付けてさらに耐破壊性を向上させることができるぞ。
隊員: アイアイサー!(敬礼)
隊長: よし、では今からわが防犯レスキューの司令部である玄関にこれを取付けるというかつてない最重要任務に取り掛かる。

用意はいいか!
隊員: アイアイサー!(敬礼)
さっそく任務に取り掛かるであります。まずはシリンダーのタイプ確認!室内側からネジ止めされているので、ドライバーでネジを緩めるであります(画像3)。



隊長: ネジを落とさないように気をつけるのだぞ。
隊員: 了解!次は外側からシリンダーをつまんですき間確認!いい具合に浮き上がるであります(画像4)。



隊長: 最初から山が動くタイプのシリンダーであればここが最初の行程になるのだな。
隊員: 次に取付座をシリンダーのすき間に差し込むであります。えーと、「表」とあるほうがこちらに向くようにするでありますね(画像5)。



隊長: そうだ、その調子だ!
隊員: 次にベース、本体を重ねて取付座の上にかぶせ、ビスで止めるであります。
おおっ、取付座に切り欠きが入っているので取付ける向きを間違えることがなく、親切であります!
隊長: ビスをきっちり締めんとフタが閉まらないぞ。注意せよ!
隊員: アイアイサー!ビス取付け、完了であります!(画像6)



ビス穴はフタを閉めれば隠れるので、泥棒にドライバーで外される心配もないわけでありますな。よく考えてありますなー。
隊長: まだ終わりではないぞ、油断するな!
隊員: はっ、シリンダーをベースの真中に合わせて、先ほど緩めた室内側のサムターンのネジを締めるであります。
そして最後にフタがちゃんと閉まるか確認・・・よし、取り付け任務完了であります!(画像7)



隊長: ご苦労!ではさっそく実際に使用してみることにする。
隊員: 了解であります!

まずはカードキーで開錠!(画像8)



続いてシリンダー錠を開錠!(画像9)



隊長: よし、どうやら問題ないようだな。ご苦労であった。
隊員: これほどすぐに取付けできるとは、想像していたよりも実に簡単であります。
隊長: そうだな。お前でもできるのだからさぞかし簡単であろうな。
隊員: 隊長!それはないであります。
隊長: ハッハッハ、冗談だ。それにしてもドライバーだけで取付けられるのだから賃貸の部屋でもまったく問題なく使えるのはいい。

もちろん取付けには管理人の許可が必要だが。価格はシリンダー交換とそれほど変わらないぐらいだが、引っ越すときも外して持っていけることを考えればシリンダーを交換するよりも得だ。
隊員: それでは隊長、そろそろ評価をお願いいたします。まずは使いやすさからであります。
隊長: そうだな。まず取付けは、必要なのはドライバーだけで説明書を見ながらでも10分程度ですぐにできる。
実際の操作も施錠はフタを閉めるだけ、開錠はカードキーを差し込むだけと実に単純。
カードキーは差す方向が決まっているので、その確認に一瞬時間をとられる程度だ。
隊員: 簡単であります(敬礼)。
隊長: 一方で、カードキーはむき出しで持つと磁気が消えたり折り曲げたりしそうな気がしてちょっと不安だな。専用ケースがあればもっと良かったのだが。

実際、携帯電話やクレジットカードなどに近づけると磁気影響を受けて使えなくなる危険もあるので管理には注意が必要だ。
隊員: そうでありますか。大変であります。
隊長: しかし、1年間の保証書もあるしスペアキーもメーカーで追加作成してくれる。サポートは万全だからそんなに深刻になることはない。そうだな、使いやすさは★4とする!
隊員: ★4であります(敬礼)。隊長、次はお買い得度をお願いいたします。
隊長: 1万円を超える価格は正直高いと思える。もう少し出せばシリンダーの交換ができてしまうくらいだ。ただし先ほども言った通り、この商品は自分ですぐに取付けられ、引っ越すときも外して持っていけるという強みがある。見た目にも「開けづらい」と思わせる効果があるしな。電池などの電源も使わないシステムなので運用コストが一切かからないのもいい。そういうことでお買い得度は★4とする!
隊員: ★4であります(敬礼)。では隊長、最後におすすめ度をお願いいたします。
隊長: この商品もそうだが、補助錠は性質上取付けできるドアとそうでないドアがどうしても出てくるので、すべての人におすすめできるわけではない。だが、適合するドアであればかなりこの商品は安心感があるはずだ。

まずピッキングやシリンダーの破壊を防ぐという点については言うまでもないことだな。それに通常玄関に取付ける補助錠といえば、外出時に外側から追加して施錠するタイプのものがほとんどだが、これでは夜寝ているときなどは施錠を強化できないし、施錠されていることで留守だとバレてしまい、他の侵入口を泥棒に狙われやすくなる可能性がある。

しかしこの商品なら室内側からも普通に玄関の施錠・開錠ができ、外から見ても留守かどうかは判断できないから泥棒に狙われやすくなる心配もない。
隊員: なるほど!その通りであります(敬礼)。
隊長: ドアとドア枠にすき間があってかんぬきが見えている場合は、そこもドアプレートで保護すればかなり強力なロックになるだろう。ユーザーが限られることを考えてもこれだけの機能を持つということで、採点は★4だ。
隊員: 了解!(敬礼)おすすめ度、★4であります!
隊長: さて隊員、それでは今から次のデータを取るぞ。
隊員: アイアイサー!(敬礼)???
隊長: このカードキーだが、仕様では正常開閉が10万回以上なのだそうだ。

・・・ということは、私が次に何を言いたいか分かってるな?
隊員: ア、アイアイサー・・・(敬礼)
 

おすすめ度 ★★★★
お買い得度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
  (注:★5つが最高です)

Goodsリストへ戻る