カテゴリ/携帯ブザー
 アラームキッズ(ウサギ)
かわいいウサギのキャラクターの携帯用アラーム。お子様の登下校時の小さなお供にぴったりです。足を引っ張ると90dBの警報が鳴って危険を知らせます。
定価:1,500円
実勢価格:980円
<特長>
スイッチを引き抜くと、最大50分連続で鳴り続ける電池長寿命タイプです。
かわいいウサギのキャラクターで、持ち歩くだけで楽しい!
3色の豊富なカラーバリエーション。お好みのカラーをお選びいただけます。
全国防犯協会連合会推薦品第624号

製品仕様
サイズ(幅×奥行×高さ)cm 6.5×3.8×9.3
重量 60g
音量 90dB
使用電池 DC12V×1
連続警鳴時間 50分



 
隊長: 今日の任務は携帯用ブザー「アラームキッズ」の検証である。
隊員: ハッ!(敬礼)
隊長!キッズということは、子供向けの商品でありますか?
隊長: 愚か者!何を不服そうな顔をしておるか!子供向け商品だからといって馬鹿にしてはならん。それを今から検証するのだ。
隊員: はっ!失礼いたしました!(敬礼)
隊長: 外見は子供の喜びそうなウサギのキャラクターだな。3色のカラーバリエーションがあるから、男の子、女の子どちらに持たせても違和感はない。(画像1)

 

 

隊員: サイズはけっこう大きいであります。(画像2)



隊長: 今主流の防犯アラームは小型化が進んでいるから、それと比べるとどうしても大きいというイメージを受けるな。

大人の手でも入りきらないのだから、子供の手ではもっと大きく感じるはず(画像3)。



まあ、逆にランドセルとかにぶら下げたときに目立たせるために大きいのかもしれないが、何よりもアラームで重要なのは、いざという時の使いやすさだからな。

では任務開始だ。
隊員: アイアイサー!(敬礼)。

(と言いつつ足を抜き取る)(画像4)

 

隊長: おおっ!これはなかなか。

カタログ値で90dBか。90dBといえばうるさい工場内とほぼ同レベルの音だが、キンキンした音質で、それ以上のうるささを感じる。

これは使えるぞ。・・・おい、いつまで鳴らしている。もういいぞ。
隊員: た、隊長!どうやって止めるのでありますか。
隊長: 足を元通りに差し込むだけだ。
隊員: あまりの音で足を思わず落としてしまったであります。パチッ。
隊長: うーむ、これはアラームの解除方法としては少々手間がかかるな。足をなくしてしまったらという心配もある。まあ、相手にすぐに解除される心配がないというメリットもあるし、この辺は使う側の好みだろう。

ところで今何秒鳴ってたか覚えているか?
隊員: い、いえ、音に耐えるのに必死だったであります。
隊長: まだまだ鍛錬が足りんな。それでは仮に10秒間ということにしよう。

さて、カタログ値では50分連続で鳴り続けるそうだが、果たしてどうだろうか。

今からそれを計測する。重要な任務なので、油断はするな!。
隊員: 隊長!お言葉ですが、この音が50分も鳴ってたら近所迷惑であります。ただでさえ怪しげな目で見られておりますし、そんなことをすれば我が部隊存亡の危機にもつながるであります。
隊長: 布をグルグル巻きにすれば良いではないか。

それに例え近所から怪しげな目で見られているとしても、我が部隊の存在を周囲に悟られてはならないところが辛いところだ。

では任務開始だ。

隊員: アイアイサー!(敬礼)

ただいまから任務を開始するであります。

ピーーー・・・ 〈ただいま実験中〉

隊員: 隊長!音が止まったであります。
隊長: 了解!

時間は45分37秒か。

ほぼカタログ値どおりだが、少し短かいような気もするな。まあ、計測するときの環境にも左右されることもあるし、許容範囲内のレベルだろう。電池の寿命も夏と冬では冬のほうが短いというし。
隊員: アイアイサー!(敬礼)
隊長: よし、それでは電池も切れたことだし、電池交換といこう。頼んだぞ。
隊員: 了解!隊長、これはドライバーで開けるのでありますか。
隊長: そうだ。これも賛否両論というところだろうな。外出先で電池切れになった場合のことを考えるとこれは不便だろうが、ショックでフタが外れたりする心配はない。(画像5)



隊員: 隊長!この電池は見たことがないであります。
隊長: ああ、初めて見るのか。これは12Vのアルカリ乾電池だ。こういう小型精密機器にはボタン型電池がよく使われているが、12V電池はボタン型電池よりも高出力で電池の寿命が長いので、最近よく使われるようになってきている。あまり見ないタイプだが、アラームの販売店なら必ず置いているはずだから相談すればよい。(画像6)



隊員: それで50分も鳴り続けていられるのでありますね。納得したであります。
隊長: そうだな。長寿命は確かに12V電池ならではの長所だな。
隊員: それでは隊長!そろそろ評価をお願いいたします。まず使いやすさの項目ですが。
隊長: これはサイズとしてはポケットに入れるものではなく、バッグに入れたり、ランドセルやカバンに下げたりして使うものだろう。

バッグから取り出す、またランドセルに下げてあるアラームを手に取るにはちょうどいい大きさだ。操作方法も単純でいい。ただ、足を引き抜くのに少しばかり力とコツがいるから、使用する前に練習する必要がある。

それはどの商品にもいえることだが。あとは足をなくさないように気をつけないといけない。
隊員: その通りであります(敬礼)。
隊長: それと、アラームを止めたいときもピタッと止められる感じではない。

緊急事態の混乱した心理状態では、足をすぐにはめ直すのは難しいと思える。ただし本当の緊急時であれば、アラームを止めたいのは自分ではなく襲ってくる相手だろう。そう考えれば、この手間は逆に有効だといえる。

一方、アラームの音量は十分な大きさといえる。もっと大音量の商品も多く出ているが、おもに住宅地を歩くのであれば、これぐらいでも大丈夫だろう。

あとは電池交換だが、やはり手間がかかるという印象はぬぐえないな。まあ、市場に出ている大半のアラームはドライバーで開けて電池交換するタイプだから、他の製品と比較してこの商品だけが悪いということではないが。各メーカーさんにはもう少し簡単かつ安心な方法をぜひ開発して欲しい。

使いやすさは★4とする。
隊員: ★4であります(敬礼)。隊長、次はお買い得度をお願いいたします。
隊長: 実売価格は980円と、機能面を考慮した上で他の製品と比べても割安といえるだろう。ただし、人それぞれ欲しい機能が違うはずだから単純に価格では比較できないが。
隊長: ただ、キャラクター物ということで、子供が喜んでランドセルにぶら下げるだろうから、その辺の付加価値もあるな。それに親が「世の中には怖い人がいるのよ」といって持たせてあげれば、子供も社会勉強になる。
隊員: その通りであります(敬礼)。
隊長: 運用コストは電池代だが、12V電池がだいたい400〜500円ぐらい。ボタン型電池よりは若干高いが、それだけ持ちもいい。連続待機での電池寿命はちょっと出てないな・・・。これはさっそく今後順次データを取ることにしよう。

お買い得度は★5だ。

隊員: ★5であります(敬礼)。

では隊長、最後におすすめ度をお願いいたします。
隊長: 総合的に見れば、子供向け商品としては実用レベルで、安心して持たせられる商品。

見た目は好みで好き嫌いが分かれるかもしれないが、ツルツルしたシンプルな形のブザーよりもこちらの方が子供は喜ぶだろう。

価格も携帯ブザー関連の中ではかなり安いほうだ。

メーカーも防犯機器の分野で実績のあるデルカテック社製だから、信頼性も高い。又全国防犯協会連合会推薦品になっていることも重要なポイントだ。
隊員: いい事ずくめであります(敬礼)。
隊長: 足を引っこ抜くという操作方法がいやだという人もいるだろうし、商品自体もターゲットが限られているということを考慮すると、おすすめ度としては★4だな。
隊員: 了解!(敬礼)おすすめ度、★4であります!
隊長: さて隊員、それでは今から日常使用時の電池寿命のデータを取るぞ。
隊員: アイアイサー(敬礼)。
隊長: よし、それではこれを貸すから毎朝1回動作テストをして、何日電池が持つか見てくれ。
隊員: ラ、ランドセルもでありますか?・・・了解!(敬礼)
隊長: ・・・・・・・
 

おすすめ度 ★★★★
お買い得度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
  (注:★5つが最高です)

Goodsリストへ戻る