防犯してますか?

ストーカーはここを狙っている

ストーカー編B


 もしあなたが「ストーカーでは?」と思えるような被害を実際に受けてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?




防犯博士
防犯レスキュー顧問:防犯博士


1. 自宅に無言などいやがらせの電話がかかってくる



無言電話の場合は、何も話さずすぐに電話を切ってください。

頻繁にかかってきてイライラしても「誰ですか?」「やめてください」などと反応してしまうと、相手は面白がって事態をさらにエスカレートさせることになるので、くれぐれも避けてください。

 また、常に留守番電話にしておくというのも効果的です。

いちいち応対する必要もなく、相手がもし声を吹き込めばそれは後で重要な証拠になります。

あまりにしつこいようであれば、かかってきた日時や回数・内容などをメモに控えておけば、後で警察に届けるときの証拠になります。

 その他の対策としては、NTTが用意している迷惑電話対策の各種サービスを利用する方法があります。

その中の1つである「迷惑電話お断りサービス」は、迷惑電話がかかってきた直後に電話機で登録することで、特定の番号からの電話を自動的に接続できないようにします。

もう1つ、ナンバーディスプレイ機能の電話機を使っていれば、オプションサービスの「ナンバーリクエスト」が便利です。

これは、相手が非通知設定で電話をかけてきた場合、「番号を通知しておかけ直しください」といった自動アナウンスが流れて電話をシャットアウトしてくれます。

このとき、電話の呼び出し音も鳴りません(ただし、相手が公衆電話からかけてきた場合は機能しません)。




2. 携帯電話に無言などいやがらせの電話がかかってくる



 相手が非通知設定でかけてくる場合、番号を通知しないと相手につながらない「番号通知お願いサービス」(ドコモの場合)を利用して防ぐことができます。

利用するときに申し込みをする必要もなく、無料で手軽に使えます。

 また、指定した電話番号の受信を拒否できるサービスも各電話会社が提供しています。こちらは別途申し込みが必要で、月々の利用料金が必要になります。




3. 手紙などが頻繁に届く



 もしストーカーからと特定できる手紙や荷物であれば、受け取り拒否をすれば送り主に送り返すことができます(手紙は「受け取り拒否」と書いた付せんを貼るなどしてポストに投函すればOKです)。

ただし、これらのものも開封せずにとっておけば、あとで重要な証拠になります(心理的にかなり抵抗はあるでしょうが・・・)。





4. いやがらせのEメールが届く



 メールソフトの設定で、特定のアドレスからのメールをそのまま別のフォルダに移すことができるので、個別にフォルダを作成して保存しておくとよいでしょう。

すぐにでも削除してしまいたい気持ちもあるでしょうが、メールも重要な証拠となりますので、たとえいやでも捨てずに保存しておくことが大事です。

 同じ相手から頻繁にメールが来るようであれば、相手に拒否の意思をメールで伝えることも大事です。この時、送信したメールも証拠となるのですべて保存してください。




5. 出会い系サイトなどの掲示板に名前とアドレスを掲載された



 発見次第、すぐに掲示板の管理人に削除のお願いをして下さい。

ただし、書き込んだ人間が今後その掲示板への書込みを禁止されたとしても、他のサイトに移るなどして絶対的に止めることはまず無理ですので、定期的にチェックをして削除をしてもらうより他にありません。

書き込んだ内容によっては刑事事件として取り扱ってもらえる場合があります。

最寄の警察署や、各都道府県のインターネット被害対策室等へ相談してみてください。




6. 誰かが侵入した形跡がある



 部屋の物がなくなっているときはただの泥棒の場合もありますが、ストーカーの場合、物を持ち去るついでに盗聴器を仕掛ける可能性があります。

盗難の被害を警察に届けるのは当然ですが、盗聴器の存在の有無を市販の盗聴発見器で調べるか、専門の調査業者にお願いしてみてください。

 戸締りはちゃんとできているし、何も盗まれていない。だけど何だか部屋の様子がおかしいと思ったら、合いカギを使って侵入されている可能性もあります。

マンションやアパートの場合は、前の住人や昔付き合っていた人が合いカギを持っている場合があるので、管理人の許可を得て玄関のカギを取り替えることをおすすめします。 




7. 誰かに尾行されている



 尾行されていると思ったら、コンビニなどの明るいお店に逃げ込んだり、タクシーに乗ったりするなど、なんとか相手をまくようにしてください。

絶対に自宅まで案内してしまうことのないように。日頃から普段の通り道でいざというときに逃げ込める場所を見つけておけば安心です。

もし人気がなく、近くに逃げ込めそうな場所がないような所で身の危険を感じた場合には、恥ずかしいと思わずすぐに近くの家に助けを求めてください。

 又、普段から少し遠回りでもにぎやかな通りを利用することをおすすめしますが、どうしても人気のない場所を通らなければならないときは、アラームや催涙スプレーを所持しておくとよいでしょう。

いざというとき逃げやすいように、走りやすい靴をふだんから履くこともポイントです。




8. 面と向かって交際などを求められる



 直接相手から交際などを申し込まれた場合は、その気がないのならきっぱりと拒否の意思を伝えることが大事です。

あいまいな態度では相手が誤解して、ストーキングがエスカレートする恐れがあります。

また、感情的に対処してもストーキングがエスカレートしやすくなりますので、怖くても、腹がたっても、できる限り冷静に対処するよう心がけてください。

二人で話がしたいといわれたときも、絶対に二人きりでは会わないようにして下さい。

これは相手が今までつき合っていた人間であったとしても同じです。相手がストーカーである限り、相手を絶対に信頼してはいけません。もし会うのならば、信頼でき、人の話を冷静に聞ける人と一緒に会いましょう。




 対処方法としては、基本的には
無視することがエスカレートを防ぐ最も有効な手段です。自然消滅的にストーキングが収まる場合もあります。

 もうひとつ、ストーカー行為をされた際の
物的証拠を残しておくと警察も積極的に動いてくれます。

ストーキング行為によってパニックを起こしたり、ヒステリックに対応したりすると相手が面白がってますます行動がエスカレートします。

ストーキングは長期化する場合があるのでつらい思いをしてしまうかもしれませんが、くれぐれも冷静に、毅然とした態度で対処してください。

もし被害にあったら信頼できる人に相談し、一人で悩んだり、自分だけで解決しようと思わないことが大切です。

警察にもストーカー専門の相談窓口が設けられていますので、積極的に利用してください。 


犯罪ケースリストへ戻る