防犯してますか?

ストーカーはここを狙っている

ストーカー編A


ストーカーに遭わないためにはどのようにすればよいと思いますか?




防犯博士
防犯レスキュー顧問:防犯博士

 昔の彼氏など、知人がストーカーになるというケースも多いですが、逆にまったく見ず知らずの人間に突然つきまとわれるケースも多くあります。

ストーカーに遭わないためには、日頃からストーカーに付け入るスキを与えない行動が重要です。

 具体的には・・・



1. 人目を引くような外見、格好を避ける。
・・・  ・ キャミソールやミニスカートなど、露出の多い服装を避ける
・ 化粧を薄くしたり、メガネや帽子で顔を隠したりする



2. 女性の一人暮らしと分からないように、自宅の外観を工夫する。
・・・ ・ 表札に記載するのは苗字だけにして、女性らしい形の文字は避ける
・ 洗濯物は男性の衣類を混ぜて干す
(男性物の割合が多いほど良い)
・ カーテンは地味な色柄で、厚手のものに取り替える
・ 外から分かる場所に女性アイドルのポスターなどを貼る
・ 留守番電話のメッセージに自分の声を登録しない
・ 玄関先に男物の靴や傘などを置いておく
・ 朝、外出するときに照明をつけたまま出かける・・・etc



3. 個人情報を漏らさないように注意する。
・・・ ・ 自宅の郵便ポストにカギを付ける
・ 自分宛のDMや請求書などはシュレッダーで細かく刻んでから捨てる
・ 自宅の電話は傍受されやすいコードレスホンを避ける
・ 玄関のドアスコープは外からのぞかれないように工夫をする
・ Eメールアドレスはできるだけ女性を連想させないように工夫する
・ Eメールの署名欄には自宅の住所や電話番号を載せない
・ 信用できない会社の懸賞・アンケートには応募しない・・・etc



4. 万一のため、尾行・待ち伏せされないよう工夫をする。
・・・ ・ 夜道を歩くときは、できるだけ明るくて人通りの多いところを通る
・ 通勤・通学の時間帯やコースを時々変えてみる
・ 建物から出たとき、必ずあたりを見回す・・・etc




以上のようになります。

 あまりにも神経質すぎるのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これでも完全とは言えません。

普段の生活では、さまざまな場所で不特定多数の人があなたを目にしているでしょうし、自分の個人情報をさらけ出してしまう機会も多いです。上記にあげた中で、「これは」と思うことはこれからぜひ実践してみてください。


犯罪ケースリストへ戻る