防犯してますか?

ストーカーはここを狙っている

ストーカー編@


 
近年騒がれるようになった「ストーカー」ですが、いったいどういう人、どういう行動をストーカーと呼ぶのでしょうか?




防犯博士
防犯レスキュー顧問:防犯博士


 平成12年11月24日から施行された「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」では、「つきまとい」と「ストーカー行為」の2種類を規制の対象としています。

「ストーカー行為」とは、「つきまとい」を同一の人物に繰り返し行なうことで、された側の身に危険があったり、名誉が害されたり、または生活行動の自由が著しく害され不安を覚えさせるような場合を指します。

 それではストーカー規制法で定められた「つきまとい」とは何でしょう。それは下記のようになります。

1. つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
つきまとったり、待ち伏せたり、進路に立ちふさがるなどして、自宅、勤務先、学校などの付近において見張りをしたり、自宅などに押しかけること。
2. 監視していると告げる行為
「いつでも見ているよ」「昨日は○○へ行っていたね」というように、行動を監視していると思われるようなことを相手に直接告げたり、電話やメールなどで連絡したり、そういう内容を記したメモを本人の目に入るところにおいたりすること。
3. 面会・交際の要求
拒否しているにもかかわらず面会や交際を強要したり、贈り物を受け取るよう要求したりすること。
4. 乱暴な言動
大声で「バカヤロー」という言葉を浴びせたり、家の前で車のクラクションを鳴らすなど、著しく乱暴な言動をすること。
5. 無言電話、連続した電話・FAX
電話をかけても何も言わなかったり、拒否されたにもかかわらず繰り返し電話をかけたりFAXを流したりすること。
6. 汚物などの送付
汚物、動物などの死体、その他の不快なものを自宅や職場などに送りつけること。
7. 名誉を傷つける
相手を中傷したり名誉を傷つけるようなことを、直接告げたり文書を届けたりすること。
8. 性的羞恥心の侵害
わいせつな写真やビデオを送りつけたり、電話や手紙などで卑猥な言葉で相手を辱めようとすること。

以上のようになります。

ただし、1〜4については「つきまとい」をされた側の身に危険があったり、名誉が害されたり、または生活行動の自由が著しく害され不安を覚えさせるような場合に限り適用されます。

犯罪ケースリストへ戻る