防犯してますか?

泥棒はここを狙っている!

自動車盗編@ (現状について)




防犯博士
防犯レスキュー顧問:防犯博士

○自動車盗の現状

 東京都内の自動車盗の認知件数は、平成23年で見た場合、前年と比べ248件(+39.6%)増加しています。



(警視庁生活安全総務課手集計)


1. キーを付けっぱなしの状態での盗難が25.5%
短時間でも車を離れるときは、必ずキーを抜いてドアロックする習慣を心がけて下さい。

2. 駐車場での被害に注意

61.7%は駐車場で発生しています。中でも月極め駐車場の被害が41.7%と非常に多くなっています。自動車を使用しないときでも長期間放置せず、時々確認するようにしてください。

さらに、 フェンスやゲートが設置されていて利用者以外が侵入できない 夜間でも照明が設置され、明るさと見通しが確保されている、管理人が常駐している、または防犯カメラシステム等が適切に設置されているなど、しっかり管理されている駐車場を選ぶことが重要です。

また、ハンドルロック、警報通報装置、イモビライザーなどの盗難防止装置を活用しましょう。


自動車やカギメーカーのさらなる研究、努力が求められる一方、私たち個人も防犯意識の向上を迫られています。そしてセキュリティに対する考え方を改めるだけでも盗難は確実に減らすことができます。

まずはどんなに短い時間でも、車を離れるときは必ずキーを抜いてドアロックするという基本的なことから始めることが盗難防止の第一歩です。


犯罪ケースリストへ戻る