防犯してますか?

泥棒はここを狙っている!

空き巣編@ (立地条件 戸立て編)




防犯博士
防犯レスキュー顧問:防犯博士

 泥棒が留守以外で重要視するのが、「侵入しやすく逃げやすい」家であるかどうかという点です。

 一戸建ての場合、泥棒にとって都合のいい立地条件がそろっている家が狙われます。

その条件はズバリ「死角がある=他人に見られない、気づかれないで仕事ができる」こと。

特に他の家と比べてスキがあるようには見えなくても、泥棒から見ればスキの有無は一目瞭然です。それに気づかないままではいつ空き巣に入られてもおかしくありません。

いったい何が他の家と違うのか、どうすればいいのか、まずはご自宅が泥棒に狙われやすい家かどうかを知ることが大事です。

 立地条件上ターゲットにされやすい主な要因としては・・・

1. 隣の家との建物の間隔がせまい
2. 人通りの少ない道路に面している
3. 道路から奥まったところに入り口がある
4. 家の周りに高い植木や塀がある
5. 正面だけでなく、裏口も道路につながっている、または駐車場に隣接している
6. 付近で大きい音がする(電車の通る音、工事など)=ドアや窓ガラスの破壊音が消されるため
7. 街灯がない。

という点があげられます。

対策
 状況を根本的に改善することはかなり困難なため、何らかの防犯対策を施し、遠目に見ただけでも泥棒が警戒するような家に変えることが大事です。

 例えば・・・


1. 入り口や庭に砂利を敷く=上を歩くと音がする
2. 玄関のカギを交換・増設する
3. 外部から見える場所に防犯ステッカーや防犯カメラ(ダミーでも可)を取付ける
4. 玄関や庭にセンサーライトを取付ける
5. 玄関先や外壁に防犯ベルやセンサーアラームを取付ける
6. 警備会社と契約する
7. 番犬を飼う

といった対策が有効です。

 泥棒も生活のために必死で頭を使います。

私たちも泥棒に負けずに知恵を絞って、被害を防ぐ努力をすることが大切です。


犯罪ケースリストへ戻る